第二章 再会と新たなご縁

2020/9/28

思いつきの行き当たりばったりで生まれたご縁……

ではなく、私達TEAM EN、実は15年前よりエストニアで現地の方々とご縁を育んでおりました。

有難いことに現地の方々は惜しむ事なく私達に出逢いの機会を共有して下さり、そのご縁の数々は不思議にも紡がれるように自然と結び合い繋ぎ合わさっていくのでした。

現地のパーカッショニストやオーケストラとの共演や、現地のツアーガイドの方、実業家の方、飲食店営業者や学生の方々など多種多彩な方々との交流を重ねていく事でより現地の文化や歴史を直に感じる事ができました。

また再会や新たな巡り逢いを積み重ねることで産まれたご縁の全ては、今回のTEAM ENプロジェクトを実行できたパワーの源でもあったのです。

今回の記念すべく初回プロジェクトには、TEAM ENの名前の由来ともなっておりますこの「ご縁」が紡いでくれる道に改めて感謝の意と敬意を表し、新演目の「TSUMUGU(紡)」を製作しました。

「紡」はご縁だけに纏わる言葉ではなく、「繊維を1本にして糸を作ること」を意味し、このようにして言葉で物語を紡ぎ出すことも、愛、心、想い、生命や人生も皆紡ぎ出されています。

今回はこの「TSUMUGU(紡)」を提げエストニアへと向かい新旧のご縁を紡ぎ合わせて第一弾プロジェクトツアーへと臨みました。

続く第三章「実りとその後」では、紡いできたまた紡がれてきたご縁が形となっていきます。


All Blogs